nanto-e.com archive

上畠アート

「村にアートの種をまきました!」限界集落の挑戦!日本一懐かしい風景を作ります。そこにすてきなアートが!

上畠アート07 参加作家

2007年05月01日
村にアートの種をまきました!
上畠アート`07


参加作家

古川 通泰(絵画)     松本 昌子(創作人形)
鷲塚 貴紀(ガラス)    金 京徳(作陶)
嶋田 数男(木芸クラフト) 豊田 栄美(染織り)
小幡 祐嗣(ガラス)    新保 孝二(陶灯り)
谷戸 守(木彫)      森田 博 (造形)
古川 歩(作陶)      大宮 静時(木器)
飛騨山 静恵(古布一松人形)サブロウ(ガラス)
浦田 和夫(創作灯り)   谷口淳一(家具)
中田 朋子(染色)     平田 昌輝(石彫)
木村 正和(木彫)     中村和生(家具)
田中 孝明(木彫趣旨アート大江 政子(創作バック)
川原 隆邦(和紙)     井上 かのこ(モビール
牛島 辰馬(木彫人形)   小路口 力恵(ガラス)

場所は富山県南砺市利賀村上畠地区

2007年05月01日
会場までのアクセスは?
〈JR利用の場合〉
 ・JR高山本線越中八尾駅より
  南砺市営バスで上畠瞑想の郷で下車(約1時間)
 ・JR北陸本線高岡駅より
  加越能バス(庄川町行・小牧堰堤行)で井波町下車(約50分)、
  井波町より南砺市営バスで上畠瞑想の郷で下車(約1時間)
〈飛行機利用の場合〉
 ・富山空港よりタクシーで約1時間
 ・富山空港より富山駅直行バスで富山駅下車(約30分)
  JR高山本線で越中八尾駅下車
  南砺市営バスで上畠瞑想の郷で下車(約1時間)
〈自動車利用の場合〉
 ・北陸自動車道 砺波ICより約1時間(約35Km)
〈南砺市営バス〉
 越中八尾発→会場着     会場発→越中八尾着
  9:00 → 9:52        07:19 →8:22
  16:30 →17:33       15:04 →15:55

 旧井波駅発→会場着   会場発→旧井波駅着
  16:35 →17:33    7:19 →  8:20
               13:00 → 14:05

周辺地図は こちら

上畠ってこんな所。

2007年05月10日
上畠ってこんな所です。
春には桃と桜が咲き乱れます。

村にアートの種をまきました!上畠アート’07

2007年05月31日
村にアートの種をまきました。
上畠アート`07



期 日
 平成19年8月18日(土)〜26日(日)9日間
   平日 午前10時〜午後4時
   土日 午前10時〜午後6時

場 所
 南砺市利賀村上畠一帯 最上部に利賀瞑想の郷

趣旨
 利賀瞑想の郷への回廊。利賀地域上畠地区はかつて40戸の集落であった。現在は22戸が住居や別荘としてあるが、高齢化の進んだ地域である。信仰心の篤い住民は念仏道場を中心に協力しあって生きて来た。
 児童画家・金沢佑光氏、ネパールの画僧サシ・ドージ・トラチャン氏が長期滞在して大作を残し、日本を代表する書家関根薫煙氏、洋画家古川通泰氏など内外の芸術文化界の人たちと親交を育んできた。
 今回地元住民の発案で、古民家そのものを画廊として解放し、各界の方々の協力による創作と、交流の場を創造することとなった。

目的
1、地区の誇り魅力が再発見できる交流の場とする。
2、地区の住民が自ら考え、自ら取り組み「もてなしの心」を合言葉に出会いを大切にする。
3、地区の公共施設、個人の施設を活用し、美しい地区づくりを行う。
4、地区住民の伝統的な共同体機能を育成する。
5、地区住民と南砺市内外の住民との交流から「地域力」を高める。


主 催
 上畠アート`07実行委員会 
  委員長 田中幹夫
作者 : 上畠アート07実行委員会

瞑想の郷への回廊。利賀地域上畠地区はかつて40戸の集落であった。現在は22戸が住居や別荘としてあるが、高齢化の進地域である。信仰心の篤い住民は念仏道場を中心に協力し合って生きて来た。児童画家・金沢佑光氏、ネパールの画僧サシ・ドージ・トラチャン氏が長期滞在して大作を残し、日本を代表する書家 関根薫煙氏、洋画家古川通泰氏など内外の芸術文化界の人たちと親交を育んできた。
今回地元住民の発案で、古民家そのものを画廊として解放し、各界の方々の協力による創作と、交流の場を創造することとなった。

2009 年
1
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
2008 年
1
2
3
4
5
6
9
10
11
12
2007 年
1
2
3
4
9
10
11
12

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。